日々

新着情報

喜多村 光史 作品展


まもなく訪れる春の気配を感じながらも、まだまだ冷たい空気に身を縮める毎日。

 

本日より、喜多村光史さんの作品展が始まりました。
柔らかな粉引の『白』にもそれぞれのニュアンスがあり、黄味寄りのものは、うっすら琵琶色。
ふんわり温かな雰囲気が魅力です。

 

また、黒い器、白い磁器の器もご覧いただけます。 

 

小皿・小鉢からディナープレートまで、さまざまな器のバリエーション。
美しいフォルムの碗や使いやすいそば猪口、カップなどで、
春の食卓をお楽しみください。

 

喜多村 光史 作品展は、3月2日(水)17:00まで、エポカ ザ ショップ銀座 B1 『日々』 にて開催中です。

中島 洋一 作品展  -古典織物-


今年最初の作品展が始まりました。

 

古典織物の研究と制作をされている中島洋一さん。
作品展紹介のページに掲載しました作品は、今年の干支『申』をあしらった『松竹梅三猿文』。
三猿と親子猿の周りに松竹梅、上部には瑞雲、下部には霊芝が織りだされています。
 

こちらの文様は、中島さんが古の文様を組み合わせたオリジナルで、
それぞれの文様に込められたメッセージを読み解くと
「 試練を乗り越え、志を成就し、未来永劫を願う 」 という意味になるそうです。

 

小さなものは楊枝入れや印鑑入れから、懐紙入れ、古帛紗、褥(じょく)まで
様々な文様の美しい絹織物をお楽しみいただけます。

 

会期中は、毎日、中島さんがいらっしゃいますので、興味深いお話も伺えます。
是非、お越しください。

 

「 中島 洋一 作品展」 は、2月10日(水)17時まで、エポカ ザ ショップ銀座 B1・『日々』にて開催中です。