日々

新着情報

銀猫 作品展


本日より、銀猫さんの作品展が始まりました。

 

アルミ、或いは真鍮に漆を焼き付けた器の数々は、
銀猫さんのコメントにもあったように、まずは、見た目と持った時のギャップに驚かされます。

また、同じように焼き付けていても、ひとつ、ひとつの表情が異なる不思議さ、
「軽い」「割れない」といった素材のメリットも魅力です。

 

器の他にも、小さな薬味用の匙から、取り分け用のサーバー、黒文字、バターナイフといったカトラリー類や
アルミで作られた取り箸、箸置きなど、食卓を楽しくしてくれる小物たちが揃っています。
 

是非、新たな感覚の器を体験しに、いらっしゃってください。

 

銀猫 作品展は、4月26日(水)1700まで、エポカ ショップ銀座 1 『日々』にて開催中です。

荒川 尚也 作品展


本日より、荒川尚也さんの作品展が始まりました。

ようやく気温も上がり、ウィンドウに飾ったガラスの重箱の透明感が爽やかに感じる天候になりました。

 

今回は、シーラカンスのようなガラスの魚がお出迎え。

 

荒川さんが、試行錯誤の上、耐熱ガラスでつくられた茶壺(急須)や茶海、茶杯、そして、抹茶碗。
茶杯は、お茶だけでなく、紹興酒やエスプレッソなどをいただく器としても活躍しそうです。
 

中国茶や煎茶道のためのお道具をはじめ、ガラスの硯・水滴・筆架など、
お稽古事をより楽しむための小さくて美しい作品に心を奪われます。
 

もちろん、長年、多くの方々から愛され続けている宙吹きのコップやヨーグルトカップ、
小鉢等々の使いやすい器、花器も揃っています。
是非、ご覧ください。

 

荒川 尚也 作品展は、419日(水)1700まで、エポカ ショップ銀座 B1『日々』にて開催中です。

久保 紀波 作品展


本日より、久保紀波さんの作品展が始まりました。

 

上質な布に久保さんの染色が施され、深みのある美しい夏の着物が仕上がりました。
また、これからの季節に手放せない日傘と扇子も必見です。
傘の直径は普通の日傘よりも一回りサイズが小さく、手元は長めに作られていますので、
持った時のバランスがとても良く、立ち姿が綺麗に見える人気の逸品。
扇子は、切絵や葉が挟みこまれた涼やかな印象の『白い扇子』シリーズと
石塚智之さん手描きの楽しい絵柄の紙扇子等々。
来月の母の日のプレゼントにも喜ばれることと思います。
 

また、久保さんの作品と共に、峯史仁さんの帯締めとBIN houseさんの更紗も展示致しております。
 

草木染の峯史仁さんは、新作・細めの夏向きゆるぎを始め、峯さんならではの特徴ある色合いの帯締めを多数展示。
BIN house
さんの更紗は、夏の羽織物として墨染の着物に良く合います。
他にも、首元を飾る小さなサイズもあり、お着物だけでなく、これから必要になる冷房対策としてバッグに忍ばせたり、リゾート地での着用等々、幅広いシーンでお楽しみいただけます。

 

久保 紀波 作品展は、412日(水)1700まで、エポカザショップ銀座 B1・日々にて開催中です。