日々

新着情報

吉田直嗣 作品展(陶)


本日(5/31)より吉田直嗣さんの作品展が始まりました。

白と黒のスタイリッシュな器の数々は、どれも使いやすく、お料理映えがしそうなものばかり。

また、美しいフォルムの花器も、小さなサイズで登場です。

DMに使用しました茶碗は、シックな茶色と黒の景色の他に、白+黒の斬新なデザインもあります。
是非、ご覧ください。

 

吉田 直嗣  作品展は、銀座三丁目『日々』にて6/5まで開催中です。

 

 

 

荒川尚也 作品展(ガラス)


本日(5/24)より荒川尚也さんの作品展が始まりました。

清涼感溢れる泡ガラスの器や花器、また、耐熱ガラスのポットやカフェオレカップなども届いています。

ガラス越しに光る柔らかなLEDライトには、苔が植え込まれて、枯山水庭園さながらの景色。

また、ゼンマイ仕掛けの「花」は、本物の植物のように、ゆっくり時間をかけて花が開くそう。
1日ずーっと眺めていても飽きないですね。

荒川尚也 作品展は、5月29日(水)17時まで、銀座3丁目 「 日々 」 にて開催中です。

高仲健一 作品展


本日(5/17)より高仲健一さんの作品展が始まりました。

 

高仲家の生活風景がモチーフとなった作品の他、怪獣やスカルを描いた作品もたくさん登場!
どの作品にも、楽しさと幸せ感がギュッと詰まっていて、見ているだけでワクワクしてきます。

高仲さんの作品に、今までの李朝や山水画の静謐なイメージをお持ちの方は、ちょっと驚かれるかもしれませんが、

是非、ご覧ください。新しい『高仲ワールド』もきっとお気に召していただけると思います。

 

高仲健一作品展は、銀座3丁目『日々』にて、5月22日(水)17:00まで開催中です。

 

 

佃達雄の眼


GW明け最初の企画展は、恒例の骨董企画展『佃達雄の眼」。
京都の古美術佃の店主、佃達雄さんによる3日間だけの骨董市です。

 

今年もさまざまな器が届き、まさに宝さがし気分。

佃さんから骨董についてや器と料理の取り合わせ話を伺うのも楽しいひとときです。

是非、五月晴れの週末、お出かけください。

 

佃達雄の眼 は、銀座6丁目「日々」にて、5月12日17時迄開催中です。