日々

展示会のお知らせ

2/18-23 藤平寧(陶)


2022年2月18日(金)→ 23日(水)

11:00 - 18:00 最終日17時終了

作家在廊予定日:2月18日、19日、20日

 

「原点回帰」

しばらく立ち止まり、自分の制作方法や思考を見つめると、

そんな言葉が浮かんできました。

今年最初の展覧会です。

ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

2/11-16 中島洋一(古典織物)


2022年2月11日(金)→ 2月16日(水)

11:00 - 18:00 最終日17:00終了

作家在廊予定日:会期中全日

 

「龍虎石畳文綾」

碁盤の目の石畳に、

端午の節句を寓意する五つの文

昇龍、鯉、瑞雲、菖蒲、兜

そして、武士を寓意する五つの文

竹に虎、桔梗、三矢、蜻蛉、沢瀉

今年の干支である「虎」を含む十の文様が織りだされたこの綾には、

邪悪なものから子供を守り、健やかな成長といかなる逆境にも勝つという願いが込められています。

 

純国産の絹を草木染めし、手織りした古典織物。

古から受け継がれた技術と美しさを手にする高揚の瞬間を、是非、味わっていただけましたら幸いです。

2022年1/14-19 加藤委(陶)


2022年1月14日(金)→  19日(水)

11:00 – 18:00 最終日17:00終了

作家在廊予定日 1月14日

年末年始営業日のお知らせ


2021年度年末は、12月29日(水)18時まで営業致します。

尚、毎週木曜日は定休日です。

また、新年は1月7日(金)11時より営業を始めます。

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

2022 寅年を迎える 予約受付終了


「寅年 張子干支飾り」は完売いたしました。

ご予約有難うございました。尚、お渡しは、12月中旬の予定です。

 

寅は、その毛皮の模様から、

前身は「夜空に輝く星」とも考えられていたそうです。

皆さまの平穏な毎日に、沢山の笑顔が輝く一年でありますように。

 

・張子干支飾り(折形デザイン研究所) ¥1,650(税込)

 

12/10-15 岡本修(陶)


2021年12月10日(金)→ 15日(水)

11:00-18:00 最終日17:00終了

作家在廊予定日:12月10日

12/3-8 鈴木玄太(ガラス)


2021年12月3日(金)→ 8日(水)
11:00-18:00 最終日17:00終了

作家在廊予定日:会期中全日

 

私がグラスの蓋物を好きなのは、蓋を開けた瞬間に
光が入り、清々しく晴れやかな景色に変わることです。
お料理やお菓子と共にそのトキメキも楽しんで
いただければと願っております。     鈴木玄太

 

・赤オリーブカット蓋物/直径175×高さ70㎜

 

11/19-24 紀平佳丈(木工)


2021年11月19日(金)→  11月24日(水)

11:00 – 18:00 最終日17:00終了

作家在廊予定日:11月19日、20日

 

11/12-17 光藤佐 作品展(陶芸)


2021年11月12日(金)→ 17日(水)

11:00 – 18:00 最終日17:00終了

作家在廊予定日:11月12日

福田敏雄 作品展(漆芸)


2021年11月5日(金)→ 10日(水)

11:00 – 18:00 最終日17:00終了

 

 

今回は、布目・拭き漆の姫重、重ね皿、おしき等が

渋く仕上がりました。

 

1 / 2112345678910...20...»