日々

展示会のお知らせ

高仲 健一 作品展


2016年5月27日(金)→ 6月1日(水)
12:00-19:00 無休 最終日17:00終了
作家在廊日:5月27日

 

絵はバターピーナツカボチャ、
その姿は美しい裸婦像のようで
絵心をそそられます。
賛は、人生意を得るは足るを知るにあり、
大窪詩佛です。

足るを知るとは、
真実の私を受け入れるという意味で、
人生これができれば
恐いものなしなんですが・・・。

 

高仲 健一 Takanaka Kenichi
 1966 茨城県生まれ
    学習院大学中退
    サラリーマン生活を経て画業に入る
    李朝の民画や陶芸に触発され、
    独学で作陶を始める

川合 優 作品展


2016年5月20日(金)→ 25日(水)
12:00-19:00 無休 最終日17:00終了
作家在廊日:5月20日・21日・22日
 

遥か昔に葉を繁らせ
木陰をつくっていたであろう樹を、
今、自分が刻んでいることの不思議を感じています。

 

川合 優 Kawai Masaru

 1979 岐阜県生まれ
 1997 京都精華大学芸術学部建築専攻
 2002 飛騨にて木工修行
 2004 京都にて椅子張り修行
 2007 独立

久保 紀波 作品展


2016年5月6日(金)→15日(日)
12:00-19:00 無休 最終日17:00終了
作家在廊日:5月6日・7日・8日・10日・11日・14日・15日

 

同時開催 『夏の装い』

 

扇子・日傘・麻の帯・巻物・風呂敷
夏の素材を私が絞り、石塚智之が手描きした小さな手提げ

 

手の仕事を楽しんで作りました。

 

久保 紀波 Kubo Kinami

1982 多摩美術大学染織専攻染色専修卒業
   扇子の企画デザインに携わり、その後、
   着尺や帯の染色の仕事に戻る
2003 墨画の石塚智之と「アトリエ・Kinami」として活動開始

 

 

同時開催 『 夏の装い 』 

 

 夏の装いが楽しくなる
 美しく繊細な手仕事の数々。
 是非、ご覧ください。

 

   飯島桃子 (日本刺繍)
   岩崎訓久 ・ 岩崎悦子 (染織)
   中島洋一 (古代織物)
   箱瀬淳一 (蒔絵)
   松原智仁 (銀線細工)
   峯史仁 (高尾野草染・組紐)
   吉田佳道 (竹)         (50音順)