日々

展示会のお知らせ

銀猫 作品展


2017年4月21日(金)→ 26日(水)
12:00-19:00 無休 最終日17:00終了
作家在廊日:4月21日・22日

 

金属に漆を焼き付け、オモテの表情をわからなくしました。
しかし、内身は金属なので、厚みと重量感はそのままです。
モノのカタチと色、厚みと重さのギャップに注目して制作しました。

 

銀猫 Ginneko

英国チェルシーカレッジオブアート彫刻家卒業
京都市在住

荒川 尚也 作品展


2017年4月14日(金)→ 19日(水)
12:00-19:00 無休 最終日17:00終了
作家在廊日:4月14日・15日・16日

 

耐熱性の高いホウ珪酸ガラスの調合に、
今までガラスの着色を嫌って避けてきた鉄分の多い国産の石粉を使い始めた。
その微かな色味は磁器への憧れにつながる。

 

荒川 尚也 Arakawa Naoya

1953 京都府生まれ
1978 北海道大学農学部卒業
   豊平ガラス工場入社
   巳亦進治氏に師事
1981 京都府京丹波町細谷にて、晴耕社ガラス工房を始める
1995 京丹波町中山に工房を移転

久保 紀波 作品展


2017年4月7日(金)→ 12日(水)
12:00-19:00 無休 最終日17:00終了
作家在廊日:4月7日・8日・9日・12日

 

手積み手織りの苧麻は、この上ない贅沢な布だと思います。
手で絞り、墨を使って染め、夏の着物になります。
木綿に大きな筆で墨を落とすような仕事の浴衣も
粋な夏の遊びです。

 

会期中は、BIN house の更紗、峯史仁さんの帯締も展示販売致します。

 

久保 紀波 Kubo Kinami
1982 多摩美術大学染織専攻染色専修卒業
   扇子の企画デザインに携わり、
   その後、着尺や帯の染色の仕事に戻る
2003 墨画の石塚智之と「アトリエ・Kinami」として活動開始