日々

新着情報

生形由香 作品展(陶)


本日(12/14)より生形由香さんの作品展が始まりました。
さまざまな色や表情を見せてくれる生形さんの作品。
今回も異国情緒漂う花器やクリスマスリースにも見立てられそうな掛花入れなど、
お花を活けても、そのまま飾るだけでも。部屋の雰囲気が和らぎます。
また、人気のマグカップや蓋碗、茶杯(茶托付)も揃っています。
是非、ご覧ください。
生形さんは、本日と明日(12/14-15)在廊されます。

生形由香作品展は、12/19(水)17:00まで、銀座三丁目「日々」にて開催中です。

岡本修 作品展(陶)


本日(12/7)より、岡本修さんの作品展が始まりました。

カラフルな器たちに元気をもらったり、ホンワカ動物に癒されたり……。
定番のマグカップや銀採天使カップをはじめ、パン皿やディナープレートサイズまで、岡本さんならではの色絵の器をお楽しみください。

岡本 修 作品展は、12月12日(水)まで、銀座三丁目「銀座 日々」にて開催中です。

沢田英男 作品展 (彫刻)


本日(11/30)より、沢田英男さんの作品展が始まりました。
立像に加えてレリーフも届いています。
静かなたたずまいの中から浮かび上がる、それぞれの情景を、是非、お楽しみください。

沢田英男作品展は、12月5日(水)17時まで、銀座3丁目「日々」にて開催中です。

冨田潤 + ホリノウチマヨ 作品展(染織)


染織作家の冨田潤さんとホリノウチマヨさんの二人展が始まりました。

 

冨田さんは パネル仕立てされたP.KASURI とラグマット、
インテリアとして、お部屋の格と気分を一段も二段も上げてくれる作品です。

 

 

ホリノウチさんはブランケットやショールなど、どれも肌触りが良くて、
冬支度には最適な逸品です。
身にまとうと、すぐに体温が一度上がるような暖かさと幸福感に包まれます。
ブランケットは、ベッドやソファーのカバーにしたり、
また、ショール代わりにお使いになられる方も多くいらっしゃるそうです。

 

是非、お二人の美しい染織作品の数々を御覧ください。

 

冨田潤 + ホリノウチマヨ 作品展は、11月28日(水)17時まで、
銀座三丁目『日々』にて開催中です。

 

佃 眞吾 作品展


佃眞吾さんの作品展が始まりました。
人気の我谷盆を始め、佃さんならではの指物の作品、
美しい杢の素敵な箱が届いています。

お重箱や折敷など、まもなく迎える新年のご準備にも。
是非、ご覧ください。

 

 

佃眞吾作品展は、銀座3丁目日々にて、11月14日(水)17時まで開催中です。

福田敏雄作品展


本日より、福田敏雄さんの作品展が始まりました。

福田さんと聞けば、頭に浮かぶのはもちろん『お椀』。
今回も形や大きさ、色(塗り)とさまざまなお椀が50種類以上、
常に福田さんがおっしゃっている「気分良く使える日常のお椀」が沢山そろっています。

 

また、福田家で20年以上使用されているピカピカのお椀も展示しています。
この見事な光沢のお椀を見た瞬間、使うことで美しくなる漆器の魅力を再認識いたしました。
もしも、使わずに、お手元で大切に保管されている漆器がありましたら、それこそがもったいない!!
是非、今日から美しい艶を出すために、早速、お使いくださいね。

福田敏雄さんは、明日(10/27)も在廊されています。
漆器の扱い方法や疑問点をはじめ、漆器にまつわる楽しいお話を、是非、聞きにいらっしゃってください。

 

福田敏雄作品展は、10月31日(水)17:00まで、銀座3丁目「銀座日々」にて開催中です。

喜多村光史WEEK


本日より、喜多村光史WEEKが始まりました。

喜多村さんの代名詞でもある温かみのある粉引の器をはじめ、
今回は黒と白の磁器の器も加わっています。

秋草の似合う掛花入れや花器、新作のスクエアプレートやフルーツカップ等々、
テーブルのアクセントになる楽しい器の数々を、どうぞ、ご覧ください。

喜多村光史WEEKは、銀座三丁目「銀座日々」にて10月24日(水)17時まで開催中です。

喜多村さんは、本日のみ在廊されていらっしゃいます。

太田 修嗣 作品展


太田修嗣さんの作品展が始まりました。
絶妙な揺らぎを感じるさまざまなフォルムのお椀、ティータイムや晩酌に便利な長角盆、そして、36x48(㎝)の万能折敷。和洋ともに使いこなせるシックでモダンなテクスチャーは、最後に拭き漆で仕上げていますので、そのまま大きな角皿としてもお使いいただけます。

どんなシーンにも使える折敷やランチョンマットをお探しの方に、是非、ご覧いただきたい逸品です。

 

太田修嗣作品展は、10月10日(水)17時まで、銀座三丁目『日々』にて開催中です。

杉村 徹 作品展


本日より、杉村徹さんの作品展が始まりました。

 

店の扉を開けると、清々しい木の香りが出迎えてくれます。

お部屋はもちろん、ベッドサイドや玄関でも重宝するスツール、仮釘2本で簡単に取り付けられる壁の棚、鑿跡とフォルムが美しいプレートやボウル、そして杉村さんらしい装飾が施された小箱の数々。

一つ、一つ、特徴的な作品たちが柔らかな空気の中で繋がっている・・・そんな心地良い空間になりました。
また、前回に引き続き、金工作家・杉村紗季子さんに鋳造の小作品を出品していただきました。是非、「木と金属」異素材の組み合わせもお楽しみ下さい。

杉村 徹 作品展は、銀座3丁目「日々」にて、9月26日(水)17時まで開催中です。

 

柿崎 均 作品展


本日より、ガラス作家 柿崎均さんの作品展が始まりました。
羽のように軽いグラスから、塊感ずっしりのロックグラスに金箔杯。
オブジェにしても美しいクリアガラスの花留や、鏡面のようにピカピカ銀メッキの鉢。
そして、優しい曲線が魅力的なガラスの手たち。
ガラスという素材に、さまざまな方向からアプローチされた作品の数々を、是非、お楽しみください。

柿崎 均 作品展は、9月5日(水)17時まで、銀座3丁目「日々」にて開催中です。

 

 

 

1 / 1312345678910...»