日々

新着情報

高仲健一 作品展


本日(5/17)より高仲健一さんの作品展が始まりました。

 

高仲家の生活風景がモチーフとなった作品の他、怪獣やスカルを描いた作品もたくさん登場!
どの作品にも、楽しさと幸せ感がギュッと詰まっていて、見ているだけでワクワクしてきます。

高仲さんの作品に、今までの李朝や山水画の静謐なイメージをお持ちの方は、ちょっと驚かれるかもしれませんが、

是非、ご覧ください。新しい『高仲ワールド』もきっとお気に召していただけると思います。

 

高仲健一作品展は、銀座3丁目『日々』にて、5月22日(水)17:00まで開催中です。

 

 

佃達雄の眼


GW明け最初の企画展は、恒例の骨董企画展『佃達雄の眼」。
京都の古美術佃の店主、佃達雄さんによる3日間だけの骨董市です。

 

今年もさまざまな器が届き、まさに宝さがし気分。

佃さんから骨董についてや器と料理の取り合わせ話を伺うのも楽しいひとときです。

是非、五月晴れの週末、お出かけください。

 

佃達雄の眼 は、銀座6丁目「日々」にて、5月12日17時迄開催中です。

 

下岡 由枝 作品展(陶)


本日より、福岡県宗像市で作陶されている下岡由枝さんの作品展が始まりました。

 

ポットや片口、マグカップなどの器は、下岡さん独特のテクスチャーとフォルムが魅力。
特に、飲み物をたっぷり入れたい方には最適なビッグサイズのマグカップが揃っています。

 

また、今回は、表情豊かな人形たちもお目見え。

人形ひとつ、ひとつにまつわる物語が浮かんでくるような楽しい作品です。

下岡さんは、4/21(日)まで在廊されていますので、色々とお話を伺ってみてはいかがでしょうか。

 

下岡由枝作品展は、4月24日(水)17:00まで、銀座3丁目 『日々』にて開催中です。

石川文江+ 久保紀波 作品展(染・織物)


石川文江さんと久保紀波さんの作品展が始まりました。

徳島県で楮布(かじふ)織物を制作されている石川さんは、楮を育てるところから手掛けられていらっしゃいます。
今回は半幅帯を始め、手提げや敷布、オブジェなどをご覧いただけます。

石川さんは14日(日)まで在廊されますので、楮布についてのお話を色々と伺ってみてください。

「日々」ではお馴染みの久保さんからは、着尺、帯、扇子、日傘と、夏の装いに欠かせない美しい作品が届いております。
来月の母の日のプレゼントにも……。是非、お出かけください。

 

 

また、下記の方々の作品も展示いたしておりますので、あわせてご覧ください。

・峯 史仁     草木染帯締め

・箱瀬純一  蒔絵扇子

・中島洋一  扇子袋

・西川はるえ 扇子袋

 

石川文江 + 久保紀波 作品展は、4月17日(水)17:00まで開催中です。

田井 将博 作品展(ガラス)


2年ぶり2回目の田井さんの作品展が始まりました。
今回も、使いやすく、食卓が楽しくなる器が勢ぞろいしました。

 

おやつドーム、タンバリン、しろくまロックグラス……etc、
田井さんならではのユニークなネーミングにも心が躍ります。

また、繊細で優雅なレースガラスの冷酒器や器、花器なども展示致しております。

 

ようやく気温も上がり、ガラスが馴染む季節の始まりですね。是非、ご覧下さい。

 

田井将博作品展は、4月10日(水)17:00まで。銀座3丁目『日々』にて開催中です。

岸本 耕平 作品展(ガラス)


本日より、岸本耕平さんの作品展が始まりました。

クリアガラス、色ガラス、氷の結晶のような表情の膠ガラス、カットガラス。
今回も色々な表情のガラスが楽しめる作品の数々が届いています。

 

うっすらピンクのガラス器は、今、まさに満開の桜を見るよう。
器はもちろん、小さな蓋物、可憐な花々にぴったりな花器等々、
春の訪れを祝福するかのような瑞々しい作品の数々を、是非、ご覧ください。

 

岸本 耕平 作品展は、銀座3丁目「日々」にて、4月3日(水)17時まで開催中です。

 

加藤 委 作品展(陶)


本日より、加藤委さんの作品展が始まりました。

 

水面のように清らかな青白磁、躍動感溢れる染付、静かなたたずまいの白磁。

それぞれが違った個性を発揮しながら、料理を、そして空間を引き立ててくれます。

ボリュームたっぷりな湯呑、可愛い片口や、縁の立ったお皿、そして、花器。
毎日の暮らしに元気をくれる魅力的な作品の数々を、是非、ご覧ください。

 

加藤委作品展は、3月27日(水)17時迄、銀座3丁目『日々』にて開催中です。

中尾 万作 作品展(陶)


毎春恒例、中尾万作さんの作品展が始まりました。

 

一足早い桜満開の器、鮮やかなトリコロールカラーの鉢、可愛い色絵の小皿や豆鉢、
取り皿に使いたい染付の器……等々、どれにしようかと悩む時間も楽しいひととき。
今年も使いやすい器がたくさん揃いました。
是非、春の一日、器探しのお散歩にお出かけください。

 

中尾 万作 作品展は、銀座三丁目『日々』にて3月13日(水)17時まで開催中です。

 

安齋新・厚子 作品展(陶)


本日(2/8)より、安齋新さんと厚子さんの作品展が始まりました。

青磁、白磁、アメ釉、玉子手……と、どれも柔らかな表情と形の使いやすい器ばかり。
豆皿からディナープレートまで、食卓のコーディネートの幅が広がるお二人ならではの作品を、是非、ご覧ください。

安齋新・厚子 作品展は、銀座三丁目『日々』にて、2/13(水)17時まで開催中です。

泉田之也 作品展(陶)


本日(2/1)より、泉田之也さんの作品展が始まりました。
泉田さんらしいテクスチャーと造形は、いつ見ても、新しい発見があります。

存在感のある花器は、オブジェとしてもお楽しみいただけます。

是非、ご覧ください。

 

泉田之也 作品展は、銀座3丁目『日々』にて、2月6日(水)17時まで開催中です。

 

2 / 1612345678910...»