日々

新着情報

9月からのスケジュール


9月2日(金) →  11日(日)   谷口嘉10DAYS  - 器のかたち × こころみの硝子 ‐ 
9月16日(金)→  21日(水)  生形 由香 
9月23日(金)→ 28日(水)    福田 敏雄 
9月30日(金)→ 10月5日(水)  竹下 鹿丸
10月7日(金)→  12日(水)  成田 理俊
10月14日(金)→ 19日(水) 太田 修嗣
10月21日(金)→ 26日(水) 田中 信彦
10月28日(金)→ 11月2日(水) 紀平 佳丈 × 長谷川 まみ
11月11日(金)→ 16日(水) 佃 眞吾
11月18日(金)→ 23日(水) 沢田 英男
11月25日(金)→ 30日(水)  加藤 財
12月2日(金)→ 7日(水) 冨田 潤 × ホリノウチマヨ
12月中旬開催予定   喜多村 光史 – 仏像展 –

 

営業時間 12:00-19:00 無休
 但し  作品展前日  12:00-16:00
    作品展最終日 12:00-17:00

スケジュールは変更する場合があります。
詳しくは店頭にお問い合わせください。

 

エポカ ザ ショップ銀座・日々

東京都中央区銀座5-5-13
03-3573-3417

東 敬恭 作品展


本日より、東敬恭さんのガラス作品展が始まりました。

 

フレークや粉状の色ガラスを巻きつけて創りだされる
深みのある『色の景色』がとても美しいガラス作品です。

 

今回はボトルや蓋物の新作を中心に、
コップや鉢等の器と共に展示しております。

 

梅雨明けはまだですが、真夏のような日差しも感じられる今日この頃。
是非、ガラスの涼感を取り入れて、毎日の暮らしをお楽しみください。

 

東 敬恭(アズマ ユキヤス)作品展は、7月13日(水)17:00まで、エポカ ザ ショップ銀座 B1 ・ 日々 にて開催中です。

崔 在皓 作品展


本日より、崔在皓(チェジェホ)さんの作品展が始まりました。

 

李朝の白磁を思わせる美しい質感と形。

見応えのある大壺をはじめ、花器や器・酒器等、幅広い作品が揃いました。

中国茶用にピッタリな蓋碗や片口、盃。
透けるように薄く、全体のラインが優しい白磁の碗。
ほのぼのとした表情がユニークな人形など。

より洗練された美しさと使い易さを兼ね備えた崔さんの作品を、是非、ご覧ください。

 

崔 在皓 作品展は、エポカザショップ銀座 B1・日々 にて、6月22日まで開催中です。

 

三谷 龍二 作品展


6月10日 三谷さんの作品展初日。
大変多くのお客様にお越しいただきまして有難うございました。
店内の混雑や精算でのお待たせ時間等、ご不便をおかけいたしましたにも関わらず、
ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。

本日(6/11)、オブジェ『Paper Blocks』、若干数のカトラリーや豆鉢、白漆の茶托等の器類と
書籍は展示販売致しております。

森本 仁 作品展


本日より、森本仁さんの作品展が始まりました。

 

毎日の暮らしのシーンに溶け込む備前焼。
森本さんの作品には、そんな軽やかさやモダンさと
備前ならではの表情の面白さや土味が溢れています。

 

火襷の景色が美しい碗、三角や八角の皿。
たっぷりの水を含ませた瑞々しい器にイタリアンやフレンチを盛り付けたり、
洋花をサラりと活けてみたり・・・・・・。

 

組み合わせの妙、
新たな発見の時間を、是非、お楽しみください。

 

 

森本 仁 作品展は、6月8日(水)17:00まで、エポカ ザ ショップ銀座 B1 「日々」にて開催中です。

高仲 健一 作品展


本日より、高仲健一さんの『画陶展』 が始まりました。

 

今回は、野菜が描かれた絵画と陶器の展示。 

シンプルな刷毛目や黒釉のお皿、
見ているだけで楽しくなってしまう二彩の絵皿。
象嵌や掻き落とし、魚々子等の技法を用いた碗や大皿。

刷毛目の小さな碗には、鶏や猫が印刻で描かれていて
見た目も使い勝手も、とても魅力的な器です。

 

作品から発する、伸びやかで清々しい空気が満ちた空間の中で、
とぼけた表情の鶏や犬たち、
そして、怪獣までもが、
優しい表情で迎えてくれます。

 

是非、この心地良い 『気』 を感じに、どうぞ、お越しください。

 

高仲 健一 作品展は、エポカザショップ銀座 B1 「日々」にて
6月1日(水)17:00 まで開催中です。

川合 優 作品展


木の清々しい香りと共に、川合優さんの作品展が始まりました。

 

弥生時代にデザインされた文机の写しは、松の古材でつくられたもの。
当時と同じく、釘を使わずに制作されていますので、全てのパーツ分解可能です。

 

また、今回は、「飾り棚」、「姿見」、「屑箱」、「傘立て」『A4サイズの蓋付箱」 等のインテリア作品や
ペン愛好家には嬉しい「つけペン」用のボックスも登場。
美しいものにこだわりたい方々の道具として、おススメです。

もちろん、お盆や重箱、お弁当箱をはじめ、蓮弁型のトングや大ぶりのおたまなど、
毎日の暮らしで活躍してくれる器も楽しめます。

人気の経木の器もシンプルなものから
漆や銀箔を施したものまで、豊富な種類の中からお選びいただけます。

 

美しい暮らしを楽しむための逸品。
是非、ご覧ください。

 

川合 優 作品展は、5月25日(水)17:00まで、エポカザショップ銀座 B1 「日々」にて開催中です。

 

夏の装い 展


夏を楽しむ小物の数々が届きました。

是非、ご覧ください。

 

 

  飯島桃子 (日本刺繍)       数寄屋袋 ・ 古袱紗

 

  石塚智之 (日本画)        扇子 ・ 帯 ・ 風呂敷 ・ 箱

 

  岩崎訓久 ・ 岩崎悦子 (染織)    角帯

 

  中島洋一 (古代織物)       扇子袋 ・ ポーチ ・ 和装バッグ

 

  箱瀬淳一 (蒔絵)         帯留 ・ 蓋物 ・ 器

 

  松原智仁 (銀糸細工)       帯留

 

  峯史仁  (高尾山野草染・組紐)   帯締 ・ 羽織紐 ・ グラスコード

 

  吉田 佳道 (竹)          花器

 

久保 紀波 作品展


ゴールデンウィークは、いかがお過ごしでしたか。
今週末までお休みの方も多いかと思いますが、「日々」は今日から作品展開始です。

 

5月最初の作品展は、毎年恒例の久保紀波さん。

 

例年はちょっぴり肌寒い4月の初めに開催しているのですが、
今年は、日傘を手にしたくなる季節ぴったりの時期となりました。

 


今週末は母の日ですね。
日傘や扇子、ストール、
また、久保さんの手染めの布に可愛い猫が描かれたミニ手提げバッグも
プレゼントには喜ばれそう。

 

もちろん、帯や峯さんの帯締めも豊富にそろっています。

 

今回は、少し長めの会期で、15日(日曜)まで開催しています。
また、同時開催で「夏の装い」展も行っておりますので、是非、お出かけ下さいませ。

 

久保 紀波 作品展は、5月15日(日)17:00まで、
エポカ ザ ショップ銀座 B1 「日々」にて開催中です。

田淵 太郎 作品展  – 花器 ・ 碗 –


7 / 12«...3456789101112